2005年05月24日

Home of the Brave/Chris Rainbow


2005052469e3c13b.jpg 
サーフ、カリフォルニア、イギリス:


夏、カリフォルニア、海。ビーチボーイズ、そしてクリス・レインボウ。
(続きはこちら・・・)


posted by dog_gett at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

Ritual of the Savage/ Les Baxter


20050506b1a06535.jpg 引き続き、エキゾチック。
'91年、夏。大阪で沢山のLPを探しに出かけた。この頃は、Martin DennyのCDも再発されたりした。しかし、多くの白人女性アップのジャケットに混じって、見つけたのがこのアルバム。そのまま聞くのはもったいないので、テープに落としてよく聴いていた。
 アメリカっぽいのだが、なんだか懐かしい気分になる音楽だ。エキゾチックの大家、細野さんの影響もあったな・・・。
posted by dog_gett at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stone Flower/Antonio Carlos Jobim


20050506b4a40e42.jpg 異次元のワンダーランドへ連れて行ってくれる。・・・特に最初の5曲。言わずもがな、のトム・ジョビン。
 ミステリアスなメロディーは、エキゾチック。何だか、Martin Dennyっぽかったりする。
 ライナーノーツには、かのジミー・ウェブと仲良くしていたという感動的な話があった。さもありなん。
しかし、中古CD屋で安く手に入れたもの。ジャズ色濃い曲は無い方がよいと思った。
posted by dog_gett at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスモスへのパスポート #6


20050506a55de28f.bmp
思い出すこと:

 この先何が起こり得るかについてだけは明確ではない。ネイティブ・アメリカンのようにアブダクティーたちは、思い出す必要性を強調する。つまり、どこからわれわれが来たのかを(カラン)、この惑星の原初の目的を(ウィル)、われわれは皆神の一部であることを(イザベル)、われわれが誰であるかを(アンドレア)、創造主の原初の指示を(セクオヤ)思い出すことを。プラトンが教えたように、誕生時に知っていたが忘れてしまったことを再収集しない限りは、新しい知識、新しい習得、他の方法は起こり得ない。先へ進むには、われわれの精神的な原点とゴールを思い出すことが欠かせない。西洋文化にとって、これはわれわれの初期の歴史の智慧の伝統に再度つながることを意味する。(Metzner
1994,1997;Smith 1992)

(続きはこちら・・・)
posted by dog_gett at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | John E. Mack Forever | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスモスへのパスポート #5


200505069e1352ea.jpg
世界観を砕く:覚醒


 環境的な教育にはそれ以上のことが必要だ。人間が自分の独善的な営みに関与し続けるままならば、もし彼らの魂が変わらなければ、地球の生命の保持にはハイブリッド種をたくさん生み出しすぎることだけではだめだ。これは大きな挑戦である。物質主義者の絶対勢力はだらしなく、勢いを得つづけている。唯一それをストップできるのは意識の根本的な変化のみだ。特に西欧文化での人間の自我(エゴ)は、(自我心理学用語での)「知的合理化」と「否定」の強大な力によって支持されており、変化に対してかなり抵抗がある。


(続きはこちら・・・)
posted by dog_gett at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | John E. Mack Forever | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。