2005年12月10日

Hopes & Fears/Keane


keane.jpg
センチメンタル・ジャーニー:

 この3つは、似ているかも。涙腺がゆるむ、音楽たち。
何だか、冬は感傷的になる。季節かもしれないし、遠い過去の記憶かもしれない。
いい曲書くね、この新人は。確か去年、来日したとき仕事帰りに名古屋に見に行こうかと思った。
 どこか、ロータス・イーターズ、どこかプリファブ・スプラウトだ。

最近はやりの、F.フェルディナンド侯とは対照的。これも好きなところはあるけれども。
いやー、仕事疲れたときは、やっぱりピアノでしょう。キーンだよ。

金剛地は、こんなん聞いてるか!?


posted by dog_gett at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。