2008年01月14日

長く険しい道のはじまり


Dscn6340s.jpgeBayはMGがたくさん:

eBay(イギリス本国)での個人売買では、MGBもかなりさかんである。

お目当てのB-GTは、4月下旬にeBay(UK)でオークションにかけられて自分も競りに参加。
もちろんポンド換算であるが、上限値の設定や競争相手が価格を上げた場合に自動でその上に入札できる設定もある。
あとは眺めていれば自動的に競売が進むようだ。
ただ、締め切り間近になると自動にまかせない方がいい。イギリスとの時差で日本の深夜2時頃競り落とされた。
結局フランス人が落札し、その時はあきらめた。
が・・・、そのフランス人が前の車を売り切れなかったため、自分に順番が回ってきた。
eBayは終了したので直接売主とやり取りし、結局最初にWebページの希望価格で買い取ることに(約£3000)。
eBayは結局関係なかった。

eBayでは、電子マネーであるPayPalを利用できる。
自分はイギリスからガソリン添加剤を追加で買ってもらうために利用した。
MGオーナーズクラブ等のWebショップでは、現在でも全パーツを供給している。
しかしガソリン添加剤(Castrol Valvemaster)は航空便では送れないので、直接車に入れて運んでもらうことに。
ただ、セキュリティの理由から車自体の代金はPayPalにしない方がいい。

結局、香港上海銀行(HSBC)の売主口座に振込んだ。
郵便局での振込みが手数料が一番安いのでそうすることに。
4月のGW直前だったため、えらく時間が掛かることに。
あまりに遅いので国際電話で遅延の理由を説明しなければならなかった。
結局、5月10日に送金確認ができた。
やっぱり手数料掛かっても、大手銀行経由がいいかもしれない。

これと同時進行で、輸入代行業者を手配していた。
現地での輸出、船での搬送、日本での輸入(税関)手続き、予備検査(車検のこと)、陸運局登録(ナンバー取得)。
これらを一括代行している業者は多い。
自分はJspecWorksという会社に頼んだのだが、これは良くない。この業者とのバトルは9月まで続くことになる。
結論は、クラシックカーに理解があり、明朗会計で、評判がいい代行業者を選ぶべきであった。
埼玉にかなり気さくで明朗会計の業者がいたが、忘れてしまった。 ・・・つづく
(写真:家を出て日本への旅立ち)


posted by dog_gett at 17:14| Comment(0) | TrackBack(1) | B-GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。