2008年07月07日

日本への到着:その3


tripleBGT04.jpg追加費用?身に覚えがないのですが・・・:

大黒ふ頭で個体を確認した当日、日本国内に来た車の登録費用全般を一括で前払いした。
そして、またあやしい動きがあった。
こんなことを言ってきた。
これは戦線布告されたみたい。ここからこのJs***という業者との戦いが始まった・・・。

>>尚、港湾作業会社からの連絡で本車輌はエンジンがかかりませんので車載車(不動車扱い用)を使用いたします。
>>また、残念ながら通関会社からは税関より特別X線検査(抜き打ち検査)になり明日10時半に行なわれます。
>>再度進行状況を御知らせ致します。

不動車扱い・・・トレーラーで運ぶ費用を後で請求してきた。
ちょっと、待った。素人考えでは、上の「引取り輸送費用」に入っているのではないかと考えた。
ええ? 車検も終ってない車(日本では新規登録車)を、自走できた場合に限りの値段とは、どこにも書いてないぞ!

抜き打ち検査・・・証拠を全然示してくれなかった。なぜ書類提出を拒むのか。しかもこれにも3万弱かかる(笑)!
大体、役人がX線で抜き打ち検査をするために、追加費用はかけない!!

エンジンがかからない理由は2つあった。
・バッテリー上がり
・イグニッション・コイルの故障

1.5ヶ月海を彷徨った車は、バッテリーが上がることは驚くことではない。充電してね、というだけである。
しかし、前オーナーが自宅から運搬用トレーラーまで自走して運んだ時、
イグニッション・コイルは生きていた。運搬時の瑕疵責任はどこにあるのか??
たとえコイルの故障とはいえ、これは運搬時に発生したもの。
(業者はまさか、前オーナーが自走した証拠写真を日本の私が持っているとは思っていなかったに違いない。)
引渡し前に自走できていた動かぬ証拠写真を自分は持っていた。今はネットの時代ですよ・・・担当者、*井君。

7/15に予備検査(新規登録車の車検のこと)完了。
希望番号のナンバープレート取得の案内。追加費用\6000とのこと。これは不要とした。

以下、追加費用が請求された詳細である。笑ってしまう。

■追加作業費用について
保税保管料7/2分 \5XX
税関特別X線検査立会費用 \2X,X00
引取り港湾作業、不動車のため車載車使用料 \28,XXX
不良箇所応急整備 \2X,XX0
合計: \8X,XX0


posted by dog_gett at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | B-GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

日本への到着:その2


jps.jpgあなたのためなら体を張って:

6/30(土)に横浜の大黒埠頭に到着した車は、7/2(月)に確認したら、
海のすぐそばにあった。屋根の無い野ざらし状態である。

当の業者は7/2に通関予定だったはずなのに、持ち主の個体確認でずれるため、と保管料を要求してきた。
これは信じられない。

>>ご希望の固体確認をして頂くために日にちはずれますので
>>7/3より1日保管料\5XXご負担願います。
とメールが来た。

持ち主が確認希望と言っているのならば業者が立ち会って居場所を教えるべきである、と思うのだが。
不親切だった。

しかも場所自体を教えることなく、メール添付で書類をよこしてきた。
>>添付のB/Lコピー、到着案内書を持って
>>横浜大黒税関に行き、貨物確認希望と伝えてください。
>>貨物保管場所は大黒X-X です。

これを持って通関に確認希望の件を伝えても、通関側は「車の持ち主でないので答えられない」の一言。
いつの間にか、Js***(業者)の社長名が持ち主となっていたのだ!
しかし、ケイ**海運という海運会社まで乗り込み、担当者に場所を教えてもらい7/2に速攻で確認した。

荷受業者は、触らないならば見ていいよ、ということで写真を取ってきた。
ただ、7/2に確認し終わったにもかかわらず、Js***は\5XXの保管料を要求してきた。あやしい・・・。

そして、さらに以下の料金の合計を前払いで請求。
支払い後の作業というのはクライアントからすれば心細いものである。
・・・これに加えて今後、さらに追加請求されることになるので、敢えてここで詳細を示す。
(税金の詳細は省いてます)

登録費用一式には、通関手配費用、港湾作業費用、引取り輸送費用、予備検査代行作業費用、
が入っている。

ご請求合計金額 \ 50X,XXX.-

<明細>
■同型排ガスレポート無い場合の登録費用 \2XX.000.-
通関手配費用
港湾作業費用
引取り輸送費用
予備検査代行作業費用

■納車費:\2X.XXX.

■登録にかかる税金緒費用 ¥2XX.XXX.-


車が来たのは、結局8月末。
その間、野ざらしとなった日光でこんなにきれいだった前オーナーが積んでくれた箱は朽ち、
青の包みもボロボロに朽ちて落ちてしまっていた。

posted by dog_gett at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | B-GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。