2009年12月19日

アポロ20号による月の裏側の真相(続き1)

つづき:

アポロ20号は1976年8月16日に月に行った。宛先は、イスザックD、デルポート・クレーターの南西、月の縁だ。乗組員はウィリアム・ルートレッジCDR(ベル研究所)、レオナ・シュナイダーCSP(ベル研究所)、アレクセイ・レオノフ(ソビエトの宇宙飛行士、1年前のアポロ・ソユーズ計画。)

ルカ:月の裏側の古代「エイリアン宇宙船」と「都市」の話です。宇宙船の中に入りましたか? どれぐらい大きくて中に何を見つけましたか?

ウィリアム:巨大宇宙船の中に入りました。そして3角形のところにも。探索のおもな部分は、母船、とても古く、少なくとも1.5百万年前に宇宙を航行していた。中では多くの生命存在の兆候がありました。モーターのあるセクションに古い植生の跡がありました。特別な三角形の岩は、特別な医学的特性のある黄色の液体の「涙」を除去するためにありました。もちろん、太陽系外の生物の兆候もありました。宇宙船のいたるところにあるガラスのチューブの網に生きている小さな体(10cm)たちの残骸を見つけた。しかし大きな発見は2つの体である。1つは傷が無かった。

ルカ:月面の都市は訪れましたか? どこにありますか? 母船との関係はあると理解しましたか? 都市と船はまだそこにありますか?

ウィリアム:「都市」とは、地球で付けられた名前で、ステーション1とスケジュールされていたが、本当の宇宙ゴミ溜めと見えた。スクラップで一杯で、金の部品、1つだけ傷が無かった。(それをカテドラルと名付けた。)金属片の写真を撮った。すべての部分は太陽に晒されて疲弊したカリグラフィーだった。「都市」は宇宙船と同じ程度に古く、しかしとても小さな部分だった。ローバーのビデオでは、ズームのレンズが人工物をより大きくみせている。

月の裏側の宇宙船の位置について。
葉巻型物体の月地域の位置を提供する際のミスがあった:
LM-15からのアポロ20乗組員とバンデンバーグAFBとの交信によれば、エイリアン宇宙船があると思われる月裏側の正確な位置は次の通り:先端:17.3度南、117.62度東;コクピット:17.25度南,117.62度東;タイトル"ALIEN SPACESHIP ON THE MOON flyover bef.landing APOLLO20"を見よ。Youtube5月4日2007年。ウィリアム・ルートレッジ(ユーザ名: retiredafb)。
L.Scantambulo.June 14,2007



posted by dog_gett at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | apollo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アポロ20号による月の裏側の真相

月の裏側の古代地球外生命の宇宙船

アポロ計画は17号で終了した。公式には。しかし、2007年に当時の宇宙飛行士である2名が19号と20号の存在とそのミッションを暴露した。二人とも高齢であり、NASAの秘密を明かしても良い時期が到来しており、自ら「密告者」となることを志願している。
アポロとソユーズの連結ミッションは、この19号と20号へ向けた準備であり布石であったらしい。19号は帰還途中に事故に見舞われており、しかしこの1名は無傷で帰還している。どちらも目的は、月面の裏側にある三角地帯、つまり葉巻型宇宙船と月面都市の存在するイザッククレーター近辺の探査である。

月の地球外生命の宇宙船:
アポロ20号乗組員、ウィリアム・ルートレッジのインタビュー。
ウィリアムによれば、1976年8月に公式の宇宙飛行ミッションがあった。エイリアンの巨大宇宙船を探索するアポロ20である。
イタリア人ジャーナリスト、フリーランス。ルカ・スキャンタンバーロ。2007年5月25日。
http://www.angelismarriti.it/ANGELISMARRITI-ENG/home-ENG.htm
ビデオ: http://www.youtube.com/watch?v=XqR8zDGIwMo


秘密裏の月への宇宙飛行ジョイント・ミッションである、アメリカとソ連のコラボレーションが1976年8月に行われた成果は?
はたして、これはあり得るのか? NROのような秘密にされてきた政府組織の存在を考えれば、あり得る。そして首脳を超えた再会、というその使命があったここと(1992年9月に公開された)を考えれば。そのようなコラボレーションが月裏側の巨大宇宙船を探索するために企画されたことは本当に可能であろうか?
ウィリアム・ルートレッジ(彼の履歴によれば、76歳の男、ルワンダ在住の旧ベル研究所とUSAFに勤務)は語る。

ルカ:宇宙船の起源を理解できましたか? どれぐらい古いものでしたか?

ウィリアム:年代は150万年前(*0)と見られた。それは探索時に見つけられ、元々の地殻であるアノーソサイト(*1)(フェルズスパソイド(*2)の螺旋)から脱出用座席を見つけた。アノーソサイトはイズサックDクレーターができた隕石の衝突で生成された。宇宙船上の隕石の衝突の濃度から年代が推定された。船の西側にあるモナコ丘への小さな白い衝突もそうだ。

ルカ: モナリザ地球外生命体(“Mona Lisa EBE”)についてはどうですか? 彼女はどんな風でしたか、あなたが月面で発見した時にはどこにいましたか? 今彼女はどこにいると思いますか?

ウィリアム:モナ・リザ・・・誰がその女に名付けたか覚えていない、レオノフか私だ。彼女は無傷の地球外生命体だ。人間に似ており(ヒューマノイド)、女性、1.65メートル。性器があり、髪の毛があり、6本の指がある。(数学はダースを基礎にしていると思われる。) 役目は、パイロットだ。操縦用装置が指と目に固定されていた。衣服は無く、われわれは鼻につながっていた2つのケーブルを切断しなければならなかった。鼻の穴は無い。レオノフは目の装置を切断した(このビデオで見れる)。血液か、生物の液の凝固が口、鼻、目、体のいくつかの部分から噴出して凍結していた。体のいくつかの部分は異常に良い状態を保っており、髪と肌は薄い透明な保護層で保護されていた。管制塔へ伝えたとおり、状態は死んでもおらず、生きてもいなかった。われわれは医療の知識や経験が無かったが、レオノフと私はテストを行った。われわれの生命装置をEBEへ固定した。外科医(管制塔の医者)による遠隔診断の受信は陽性だった。その話は、また次の機会に。今は、いくつかの部分を信じられないだろう。他のビデオがオンラインになったら全部を話したい。この経験はLMの中に映像が撮られている。われわれは、二番目の体を見つけた。破壊されており、われわれは頭を機内に入れた。肌の色は青灰色、パステルブルーだった。肌は、目と額の上がおかしな様子であり、頭のまわりにストラップをしている。刻印をつけていない。コクピットには筆書き(カリグラフィー)がたくさんあり、擬似六角形のチューブでできていた。彼女は地球におり、死んでいない。その後何があったかを話す前に他のビデオを投稿することにしたい。

*0) 原文では、1.5milliards。これは1.5億年?
*1)月には純粋な結晶がみつかるが地球ではめずらしい岩石
*2)アルカリ・アルミ・シリカ化合物金属。”フェルドスパー”と似ているが、これよりシリカ-アルカリ比は低い。
3)ロケットは、バンデンバーグ基地から発射された。

posted by dog_gett at 15:35| Comment(3) | TrackBack(0) | apollo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。