2014年09月23日

マレーシア航空機B777消滅とケッシュ財団テクノロジーとの接点

マレーシア航空B777消滅とケッシュ財団技術の類似点

「神宮家龍一の世界」より転載します。
http://blogs.yahoo.co.jp/primememory/45433271.html

私が追求しているケッシュ財団の技術だが、過去の実績として下記のものだ。
--------------------------------------------------------------------------
2011年12月6日、アメリカの最新無人ステルス偵察機RQ170センチネルが無傷のままイラン軍に捕獲されるという驚くべきニュースは世界を震撼させた。B2爆撃機レベルのステルス性能を持つRQ170には、さらに自動帰還システム、自爆システムが内蔵されていたが、すべて無効にされイラン空軍基地に誘導、捕獲された。
--------------------------------------------------------------------------
今回の一番のミステリーは瞬時にトランスポンダー、通信機器が無力となった点である。
通常ハイジャックの場合、操縦席ドアを突破されるまでに、機長はトランスポンター「7777」を入力出来る。これは20秒も必要としない。

今回はその前に通信機とトランスポンターを無効にされている。これにはアメリカのステルス偵察機を無傷捕獲したときの技術に酷似している。
またハイジャックとして乗り込んでいなくとも、アメリカの無人偵察機をイラン基地に着陸させた遠隔操作技術も考慮される。

マレーシア航空の機影が偵察衛星から消え去ったのはネパール、タジキスタン、アフガニスタン、そしてイラン付近であり、3万フィート飛行なら到達可能であった。
もう少し低空ならアフガニスタン海岸線かイラン付近となる。

アメリカの最新ステルス偵察機がイラン軍に捕獲されてから、すでに3年が経過している。
ボーイング777を乗っ取ることは技術的に可能となったのであろうか。
無事、空軍基地に着陸させたのであろうか。

小型の無人偵察機とボーイング777では比較出来ないが、ILSを使用した自動着陸誘導は可能であろう。
そこでケッシュ技術が使用されたとすれば、イラン付近の空軍基地にボーイング777は捕獲されていることになる。

荒唐無稽と思われるかも知れないが、アメリカは、まさか最新無人ステルス偵察機がイランに無傷で捕獲されるということは想像も出来なかったのである。

自動帰還システム、自爆システムをすべて無効にされ、帰還座標もGPS信号もすべてコントロールされていたのだった。

今回のマレーシア航空のミステリーと酷似しているのである。

この事実をまず知って欲しい。

http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11660418973.html

この偵察機とマレーシア航空旅客機の消滅の類似点を示した、本がこちらです:
私は、不覚にも立ち読みしてしまいました。

マレーシア航空370便_隠蔽された真実とケッシュ財団の影
ベリー西村 (著) 明窓出版

内容紹介

本書は「マレーシア航空370便」「ケッシュ財団」「小保方晴子とSTAP細胞」という3テーマ構成。

1.マレーシア航空370便消息不明事件

2014年3月8日、クアラルンプール国際空港を出発したマレーシア航空370便は同日午前6時30分の北京首都国際空港到着予定だったが、その後消息不明となり航空史上最大のミステリーとなる。

2.謎の技術を保有するケッシュ財団

アメリカの最新無人ステルス偵察機RQ170センチネルが無傷のままイラン軍に捕獲されるという驚くべきニュースは世界を震撼させた。B2爆撃機レベルのステルス性能を持つRQ170には、さらに自動帰還システム、自爆システムが内蔵されていたが、すべて無効にされイラン空軍基地に誘導、捕獲された。調べていくうちにケッシュ財団の存在が浮かび上がってきた。ケッシュ財団とは一体どのような組織なのか。

3.小保方晴子とSTAP細胞

2014年2月、イギリスの天文学者ノーマン・ロッキーによって創刊された総合学術雑誌「ネイチャー」で発表されたのがSTAP細胞に関する論文である。全世界が注目する中、論文を巡って陰湿な誹謗中傷が繰り広げられている。「生物の新たなメカニズムの発見」と言われる革命的発見のはずが、いつの間にか、組織的攻撃が発見者小保方晴子個人に向けられていく。小保方晴子リーダーを守るべきはずの理研や日本のマスコミは、なぜ彼女の学界からの抹殺を急ぐのか。それを指示する背後組織の狙いは何か。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%88%AA%E7%A9%BA370%E4%BE%BF_%E9%9A%A0%E8%94%BD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E3%81%AE%E5%BD%B1-%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%A5%BF%E6%9D%91-ebook/dp/B00JM3ZK9C


posted by dog_gett at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ケッシュ財団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。