2011年10月15日

TPPはトロイの木馬

TPPはトロイの木馬、経団連もグル:
以下、山崎淑子(サラ)さんのサイトより転載します。
ちなみに私もアンチ化学肥料(かつ、アンチ現代医療)派です。
http://enzai.9-11.jp/

TPPで日本農業支配
日本の食糧・種子・農産物支配をねらう→米倉経団連会長の住友科学と提携←モ○サ○トはいかにインドの農民を自殺に追い込んだのか(掲載動画より)
kawasaki | 2011/10/14
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆経団連・米倉会長がTPPに前のめりなのは、モンサントと住友化学が長期的協力関係を結んでいるからか

属国離脱への道
作成日時 : 2011/10/13 08:23
http://qualitysaitama-blog.at.webry.info/201110/article_19.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【引用開始】

なんと米倉弘昌氏が会長を務める住友化学は、たびたび話題にしてきた遺伝子組み換え種子の大手モンサントと長期的協力関係を結んでいる。それも、TPPが降って湧いて出た昨年10月のこと。TPP参加で、遺伝子組み換え作物を大々的に流布させることを睨んでのゴロツキ提携である。米倉は、自社の醜い利益のために、日本農業を破滅に追いやり、国を売るつもりのようだ。
“農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について”
http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/20101020_3.pdf
■ 参考リンク
【経団連会長の住友科学はモンサントと農薬で提携=TPPの受益者】
111006 TPP.モンサント.住友化学
モンサントは、自社で生産する強力な除草剤ラウンドアップに耐性を持つ遺伝子組み換え種子を開発している。要するに除草剤と遺伝子組み換え種子をセット販売する。しかも種子はF1といい、一度しか蒔くことができないよう組み替えられているので、毎年買い続けなければならない。

遺伝子組み換え作物の安全性は、確認されていない。お役人が「安全だ」と言い張るのが何よりも信用できないのは、原発で証明されている。実際、外国では各地で激しいGM作物反対運動が起きているのである。
“農業関連大手モンサント者の恐怖の収穫(1)”
http://www.youtube.com/watch?v=V-ESDpUrKck
“農業関連大手モンサント者の恐怖の収穫(2)”
http://www.youtube.com/watch?v=f58-ToNpdNo

住友化学、モンサント両者の提携によって、ことによると世界中に悪名を知られたモンサントの名前を出すことなく、日本では住友ブランドとして邪悪さを隠蔽する可能性も捨てきれないだろう。
 ちなみにモンサントは、ベトナム戦争で使われた枯葉剤を製造したゴロツキでもある。正真正銘の世界ゴロツキ協同組合の一員と言える。
【引用終了】



posted by dog_gett at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5日のイベントではお世話になりました
早速、ブログ拝見させていただきました
まだ読み込んでいませんが、徐々に読ませていただきます
ちなみに、モンサントで勤めていたことあり
苦笑しているわたしです
アメブロ(癒し処ゆあむ)やってます。
お暇なときにでも見ていただけたら、嬉しいです♪ 
Posted by Yuka at 2012年05月07日 19:08
こちらこそ、お世話になりました。

そうですか、モンサント社つながりですね(?)
アグリビジネスは、最初は新規参入だったけれども、もはや主力ビジネスとなっている、ということですね?

多くのヒーラーも遺伝子組換えの弊害を警告するメッセージを感知しているようですが、これはTPP以前の問題ですね。
(未熟なテクノロジーの濫用ですね)

ブログ早速、伺いますね。
ありがとうございます。
Posted by dog_gett at 2012年05月12日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。